私たちの想い

あなたが過ごしたい毎日、未来とはどんな日々ですか?

毎日を、じぶんらしく

働くのは苦手。しんどい。そう感じたこと、誰だってあるはずです(ここの施設長、スタッフにだって、あるある!!)。一方で「じぶんで稼いだお金」を手にし、仲間のなかで「じぶんらしさ」を知る充実感は、ものすごく大きいもの。家では「無理」と思っていたことが、仲間と一緒だと楽しかったり、誰かがしているのを見て「できるかも」という気づきがあったりします。新しい「じぶんらしさ」、ここで見つけてみてください。



空の木で過ごす時間


「無理かも…」→「してみたい」→「やってみた!」

利用者 花子さん(全盲) × スタッフ アキコさん × 島津施設長による、本音と笑顔の掛け合いがコチラ!

島津施設長

花子さん、ここに通うようになって、6年くらい? 最初は体験しに来てもらったのかな。

利用者 花子さん

そうですね。そのとき、ここの雰囲気、明るいな、みんないっぱいしゃべってるっていうのが印象に残って。

スタッフ アキコさん

みんなが本音すぎて、ときどきケンカになるけど(苦笑)

島津施設長

笑いたいときに笑って、イヤなもんはイヤって言うからね。それが誰にとっても、本来のリアクションやもん。

利用者 花子さん

しばらく外出していなかったので、そういう普通のおしゃべりが、とっても大切やなあと思いました。

島津施設長

ここに来るようになって、ずいぶん変わったね。とくに以前は薬をたくさん処方されていたけど、今はぜんぜん!

スタッフ アキコさん

週1回は一日じゅうここにいて、週4回は2時間半ずつのペースやね。機織りの腕がぐんぐん上がってスゴイ!

利用者 花子さん

私は生後まもなく全盲になったので、手織り職人をすることになるなんて、思ってもみなかったですね。

スタッフ アキコさん

糸だって、自分の手で織り機につけるしね!

利用者 花子さん

どんな色の糸なのか、見たことはないけど。

島津施設長

じつは偶然選ばれた配色が美しいの。これ、ほんと。

スタッフ アキコさん

そうそう。丁寧にさえしていれば、きれい。

島津施設長

最初の商品はコースターやったね。

利用者 花子さん

平らに織るのが難しい!ボコボコになってしまって。「商品としてOK」と納得できるまで2年はかかったかな~。

島津施設長

花子さん、あきらめないからねー。

スタッフ アキコさん

できるようになると、楽しいよね!

利用者 花子さん

自分の力で工賃を得られて、なにかしたいことを叶えられるって、うれしいですね。

島津施設長

花子さん、待望の一人暮らしも実現したしね。

スタッフ アキコさん

私らスタッフが根気よくお手伝いをして、障がいはさまざまでも、少しずつ、できることを増やしていきたいなあ。袋にリボンを通すなどの内職は、自分のペースでできるしね。

島津施設長

「空の木」オリジナルのミツロウラップも好評だから、つくっていると、うれしくなるしね。

スタッフ アキコさん

ほんと!いろんなアイデアで、楽しみも増やすよ~!